ダイエットのビフォーアフター!成功させるためのダイエット方法とは

ダイエットのビフォーアフター!成功させるためのダイエット方法とは

ダイエットをするなら絶対に成功したい!そう願う人は多いです。しかし、実際にダイエットをしてみると「体重が減らない」「体型が変わらない」など、悩みごとは絶えません。

ダイエット成功の秘訣は継続すること、ビフォーアフターをイメージすることが大切です。

現在、メディアやSNSでいくつものダイエット方法が紹介されていますが、その中で本当に痩せるダイエット方法リバウンドしない過ごし方について詳しく解説します。

ダイエットのビフォーアフター公開!本当に痩せるダイエット方法は?


本当に痩せたいなら、実践するダイエットの選び方で結果が決まります。

とはいえ、ダイエットに成功する方法の多くはハードなものばかり・・・。挫折せず努力を続けることって、実はとても大変なことなのです。ムリなく続けられ、ダイエット成功に導く方法は一体どれなのでしょうか。

本当に痩せるダイエット方法を、詳しく紹介します。

運動で消費カロリーを増やす

効率よくダイエット効果を出すためには「消費カロリー」と「摂取カロリー」について知ることが必要です。体は食べ物からカロリーを摂取して、動くことでカロリーを消費します。

摂取カロリーが消費しきれなければ、脂肪として蓄積されてしまい肥満の原因につながってしまいます。ダイエット効果を最大限に高めるためには「消費カロリー>摂取カロリー」となる運動が必要なのです。

運動を取り入れたダイエット方法はいくつもありますが、中でも高い効果が期待できる方法が次の2つです。

有酸素運動

ダイエットには有酸素運動がいいといわれているのは、無酸素運動に比べ「脂肪を燃焼しやすい」「乳酸が作られにくい」という特徴があるからです。有酸素運動は長時間続けられ疲れにくいため、ダイエットに向いた運動ともいえます。

有酸素運動によって消費カロリーが違うため、運動別の消費量をお伝えします。

有酸素運動 時間 体重50kg 体重60kg 体重70kg
ジョギング 20分 123kcal 147kcal 172kcal
水泳(平泳ぎ) 10分 88kcal 105kcal 123kcal
水泳(背泳ぎ) 10分 70kcal 84kcal 98kcal
スキー 30分 184kcal 221kcal 257kcal
ボーリング 30分 79kcal 95kcal 110kcal

参照:タニタ「カロリズム」

有酸素運動は日常生活の中にもあります。たとえば、犬を飼っているのであれば30分の散歩で消費エネルギーは92 kcal(体重50kg)です。ジョギングなど本格的な運動以外にも、ボーリングなど楽しみながら有酸素運動ができるので、ムリのないダイエットができます。

そうか!遊びながらボーリングをしても有酸素運動になるんですね!そう考えると頑張れそうな気がしてきました!

筋トレ

筋トレは無酸素運動に分類されるため、ダイエットに大きな効果が期待できないように思えますが違います。

筋トレは筋肉に刺激を与え、筋肉量を増やしていきます。筋肉量を増やすために、糖質をエネルギー源とするため基礎代謝をアップ。つまり、なにもしなくてもカロリーが消費される体質が作れるのです。

筋トレすると筋肉質な体型になるため、女性の多くは避けられがち。ですが、ボディビルダーのような筋肉ムキムキのような体は、体に負荷を与える筋トレをしない限り肉体改造は起こりません。

本気のダイエットがしたいなら、筋トレは下半身痩せにおすすめです。下半身の筋肉量は70%を占めているため、高い効果が期待できます。

下半身だけで70%も筋肉が…!
ぷよぷよの太ももを引き締めるためにも筋トレかな

食事制限

糖質や炭水化物カットなど、いくつもの食事制限ダイエットがあります。運動だけでダイエットを成功させようとしても、体重に大きな変化はほとんど期待できません。

たとえば、体脂肪を1キロ減らすためには、体重別で次のような運動を毎日おこなう必要があります。

運動 体重60kg 体重70kg 体重80kg
ストレッチ 1時間40分 1時間26分 1時間15分
ジョギング 33分 28分 49分
軽い筋トレ 1時間6分 56分 25分

参照:ke!san

毎日欠かさず30分~1時間以上、運動をすることはとても大変です。ダイエットを成功するためには、運動を続けないと目に見えた効果がありません。

ダイエットは食事制限を取り入れることで、1日の摂取カロリーが抑えられるため、効率よく効果が実感できます。ただし、ムリな食事制限は、基礎代謝の低下や血行不良を招いてしまいリバウンドする可能性が高いのです。

糖質制限や炭水化物をするときは、体にムリのない範囲で「運動+食事制限ダイエット」を組み合わせるのがポイントです。

無理な食事制限はリバウンドの元なんですね!
血色も悪くなるし、バランスの良い食事をしてないと運動もできないですもんね!

エステ

エステはハンドケアや痩身マシンを使い、脂肪分解やセルライト除去、筋肉強化などダイエット効果を高めます。

理想的なボディを手に入れるために、まず体の採寸や体脂肪率など細かくデータ収集します。このデータから、どのような流れでダイエット効果を高めるのかプログラムを組んでいくため、自己流のダイエット方法よりも効果は大きいです。

また、エステではボディケアのほか、食事指導などもおこない体質改善を目指します。

お金を払ってまでダイエットは・・・と考える人も多いのですが、自分では効果が出せない人やなにをやっても続かない人は、計画的にダイエットができる方法といえます。

自分に合ったサポートをしてくれるんですね!
いつも途中で挫折してしまうからエステに頼るのもアリだなぁ

脂肪吸引

ダイエットのために、運動や食事制限・エステ通いをしているのに効果が期待できない・・・。そんなとき、脂肪吸引なら今すぐ効果を目にできます。

脂肪吸引は美容クリニックや整形外科などで、脂肪を直接取り除く方法です。脂肪細胞の数は生まれたときから決まっており、脂肪細胞の数が多い人ほど太りやすいといわれています。

脂肪吸引することで脂肪細胞の数が減るため、今までよりも太りにくい体質を手に入れられるのです。よりスマートな体型を目指したいなら、脂肪吸引+運動や食事制限などのダイエット方法を取り入れると高い効果が期待できます。

生まれた時から太りやすいって決まっているなんて…ショックすぎる…!でも吸引すれば数が減って太りにくくなるならまだ希望はありますよね…!

ダイエットのビフォーアフター画像は最強のモチベーションupに!


ダイエット成功の秘訣は、モチベーションを高める方法を見つけることです。人によってモチベーションが異なると思いますが、中でもおすすめなのが「ビフォーアフターの画像」です。

SNSなどでもダイエット前後の画像をアップしている人がいますが、以前の自分と見比べてダイエット継続のモチベーションを高めています。

できれば、ダイエット開始から毎日全身の画像を撮るのがいいでしょう。日々の変化は自分自身でわからないことが多く、画像を見比べることで今までの成果が確認できます。

まだダイエットを始めたばかりだと、ビフォーアフター画像に大きな変化はありません。1ヶ月目あたりから、初期の画像と変化が見えてくるので、まずは1ヶ月間継続することが大切です。

体重だけだとなかなか変化がわかりにくいから画像を見比べるのは良さそう!まずは1ヶ月…

ダイエット後もスタイルをキープするためには

インターネット調査をおこなう企業・マイボイスコム株式会社が実施したダイエットアンケート調査によると、リバウンドした人はダイエット経験者の約7割いることがわかりました。

実際にダイエット後にリバウンドを経験する人は多く、これまでの努力を水の泡に感じている人がたくさんいらっしゃいます。

ダイエットは理想的な体型を手に入れて終わりではなく、ダイエット後のスタイルをキープすることも必要です。手に入れたスタイルを持続するための方法として、たとえば次のようなことがあります。

・運動を続ける
・バランスのいい食生活
・体重計に乗ることを毎日習慣づける
・サプリなどで栄養補給
・我慢しない日を作る

今までの取り組んできたダイエットを、目標の体重や体型を手に入れた後も続けることが理想的です。また、ムリなダイエットは暴飲暴食につながる可能性が高いため、我慢しない生活を取り入れることも大切です。

参照:MyVoice

リバウンド経験者は7割もいるんですね!良かった…勇気が湧きました…でもしないように頑張ろう!

サプリメントを服用する

キープするときにサプリメントなどを併用するのもおすすめ!ラクビなどの痩せ菌を増やすものや、運動で脂肪燃焼を助けるサプリなどは良いでしょう。

ラクビとはどんなサプリメントなのか、特徴を詳しくお話させていただきます♪
ラクビは一日たったの1粒で、生きた酪酸菌を1700万個も摂取することができるサプリメントです。

ダイエットのビフォーアフターまとめ

必ず成功するダイエット方法はありませんが、消費カロリーに気をつけムリのない範囲で継続できれば、理想的な体型は手に入れられるでしょう。ダイエットしても体重が減らないなど悩んでいる人は、エステなどでサポートしてもらうこともひとつの成功方法。

ダイエット中は自身の変化を画像に記録し、ビフォーアフターでモチベーションアップがおすすめです。ダイエット後はリバウンドしないためにも、ダイエット中に学んだ生活習慣を崩さないことが大切です。